仕事

来年のことを言うと鬼が笑う

という言い回しのリアリティが胸に迫る今日この頃ですが皆様いかがお過ごしですか。 『マップスネクストシート』完結間近ですので来年はいよいよ『ナウシカ解読』と『オタクの遺伝子』第二部(評論編)を合本にして増補して文庫で出したいと思います。某出版…

ユリイカ臨時増刊『涼宮ハルヒのユリイカ!』

ユリイカ2011年7月臨時増刊号 総特集=涼宮ハルヒのユリイカ! The girl greatly enlivens the criticism!作者: 大森望,佐々木敦,笠井潔,濱野智史,福嶋亮大,稲葉振一郎出版社/メーカー: 青土社発売日: 2011/06/14メディ…

『atプラス』08号 特集「Cash for Work」

atプラス 08作者: 磯崎新,大澤真幸,山崎義人,山折哲雄,上野千鶴子,内田祥士,大塚英志,稲葉振一郎,菊地謙,鈴木一誌,市野川容孝,永松伸吾,牧紀男,田畑知之,大平正巳出版社/メーカー: 太田出版発売日: 2011/05/10メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 2人 ク…

お勉強ノート(20日、22日修正)

『atプラス』次号のCFW特集用原稿の付録の派生物です。学術的価値は全くありません。主に自己教育用。 「大規模自然災害のマクロ経済学」

卒業生へのメッセージ

2010年度、明治学院大学社会学部、社会学科卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。 卒業式が直前に中止となったことにつきましては、お詫びの言葉もありません。私たち教員も、皆さんの門出をいつも通りにお祝いすることができなくて、とても悔しく、…

忘れたころに

毎日ネット時評の依頼が来てあわてる私。 ――なんかこの間からずいぶん間が空いてるような気がします。半年くらい。

「”話題の哲学者”マイケル・サンデルを読み解く」『Voice』8月号

Voice (ボイス) 2010年 08月号 [雑誌]出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2010/07/09メディア: 雑誌購入: 1人 クリック: 1回この商品を含むブログ (1件) を見る 『諸君!』のときのようなカッ飛んだタイトルにはなりませんでした。

「某保守系論壇誌」

というのは『Voice』のことです。7月発売のやつ(8月号?)にのります。

某保守系論壇誌にインタビューされたよ。

題目は「なぜ今マイケル・サンデルなのか?」 ……なぜ俺に。 でも結構いい記事ができそうな気がします。 しかし大手の雑誌って無茶なスケジュール立てるよね。

毎日新聞ネット時評

ドラエモン=岡田靖氏の追悼文を書きました。

『思想地図』vol.5

NHKブックス別巻 思想地図 vol.5 特集・社会の批評作者: 東浩紀,北田暁大出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2010/03/25メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 38人 クリック: 888回この商品を含むブログ (60件) を見る 拙稿はともかく永井均さんの論文他なか…

『アルファ・シノドス ―“α-synodos”』vol.46(2010/02/15)に

北田暁大さんとの対談と、シノドスセミナーの記録を載せています。セミナー記録の方は前半のみ、後半がまだ未公表です。 3月1日追記 vol.47(2010/3/1)にセミナー記録の後半が載りました。

去年・今年の文章

そういえば。 「春秋社の本棚「私の一冊」ドナルド・デイヴィドソン『合理性の諸問題』」『春秋』500号(2008年7月) http://www.shunjusha.co.jp/magazine/500/ 「15分で読む経済思想」『人文会ニュース』106号(2009年9月) http://www.jinbunkai.com/entr…

振一郎『社会学入門』(NHKブックス)

社会学入門 〈多元化する時代〉をどう捉えるか (NHKブックス)作者: 稲葉振一郎出版社/メーカー: NHK出版発売日: 2009/06/26メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 18人 クリック: 224回この商品を含むブログ (121件) を見る 6月30日発売予定(早売りが28日…

告知]稲葉振一郎『「公共性」論』(NTT出版)

「公共性」論作者: 稲葉振一郎出版社/メーカー: NTT出版発売日: 2008/03/01メディア: 単行本購入: 8人 クリック: 175回この商品を含むブログ (70件) を見るhttp://www.nttpub.co.jp/vbook/list/detail/4180.html http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refBo…

山形浩生『要するに』(河出文庫)

要するに (河出文庫)作者: 山形浩生出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2008/02/04メディア: 文庫購入: 9人 クリック: 145回この商品を含むブログ (57件) を見る 『山形道場』(イースト・プレス)改訂版。解説を担当しました。これは実は『「公共性」論』…

とりあえず今年出ることがほぼ確定しているもの

『「公共性」論』(NTT出版) 春。『片隅?(仮)』は結局こういう題名になってしまいました。頁数もギリ400ってとこで、字数的には前著の倍です。 『増補 経済学という教養』(ちくま文庫) 夏。ちゃんと増補します(もう第一次稿を50枚くらいは書いたの…